M&Aのメリットにはどういうものがあるか解説いたします。 もちろん、個別の案件ごとに異なりますが、ここでは、おおまかに、売り手側と買い手側に分けて検討してみます。
M&Aにより期待できるシナジー効果(相乗効果)は、下記メリット以上にあります。

 

すでに運営を行っている店を譲り受けると、店舗物件だけでなく、スタッフや仕入先、許可証(株式譲渡・合併・会社分割に限る)などもそのまま引き継ぐことができ、イチから立ち上げる場合に比べ、大幅に時間が短縮できます。

店舗の持つ技術、ホームページ等の優れた部門を取り込むことで、自社の資本力、営業力などを活用しながら買手側は更なる収益を上げることが可能になります。引き継ぎにより、前経営者の貴重なノウハウを短時間で習得することも可能です。

新規事業には通常大きなリスクがつきものですが、既にその事業で実績を上げている店舗を買収することができれば、新規事業参入へのリスクが軽減されます。初めてナイト産業に進出する方にとっては最大のメリットになります。

M&Aを利用すると店舗の運営に精通したスタッフを前の店からそのまま引き継ぐことが可能です。

 

 

売手は後継者問題を解決でき、廃業することなく店舗の存続をさせることができます。

不採算部門であれば、その事業から撤退することで、売手はコア事業に集中できます。

事業存続が難しくなった場合、廃業か売却かの選択を迫られます。廃業した場合、従業員の雇用や取引先への影響等の問題がありますが、買い手側の裁量により従業員の雇用が確保される場合があります。

店舗を売却することで売手は事業を速やかに現金化することができます。資金繰りに厳しい方には最大のメリットといえます。