株式譲渡とは、売手の株主が保有している株式を譲渡し、会社の経営権を買手に譲り渡すものです。
当産業では頻繁に行われている手法。手続きが比較的簡単で、売手株主に直接譲渡代金が入ります。会社は現状のまま存続するので、対外的には株主が変わった以外に大きな変化はありません。

既存の株主以外の相手に新株を引受けてもらう方法です。売手の株主の手元に現金は入りません。持ち株比率は下がりますが、株式を持ち続けることができるので経営に関与できます。
株式譲渡と同様に対外的な変化はありません。

事業譲渡とは、売手が行っている事業 を、買い手に譲渡する方法です。売手の株主は、譲渡した事業に対する支配権を完全に失います。
事業譲渡は法的には個別契約なので引継ぐと記載される債務以外は原則として引継ぐ必要がありません。

2つ以上の会社が1つの会社になる方法で、売却企業の株主は、合併比率を算定しそれに応じた買収企業の株式を現金の代わりに手にすることになります。
手続が煩雑で時間がかかるので店舗売買には向かない手法かもしれません。

会社を複数の法人格に分割してそれぞれに組織や事業を引き継がせる手法です。引き継ぐ会社は分割を行う会社または株主に株式を割り当てます。
事業譲渡に比べて個々の契約や権利などを一括して移すことができます。

買い手企業 (買収企業) が自社の株式と売り手企業 (売却企業) の株式等を交換することで、売り手企業を100%子会社化する手法です。
親会社を自らが設立して完全子会社化する「株式移転」という手法もあります。